ホーム > ヘルニア治療

ヘルニア治療

ヘルニアとは

「ヘルニア」を直訳すると「逸脱する」という意味です。人間の背骨は頚椎7、胸椎12、腰椎5の生理的湾曲のきれいなS字カーブを描きます。背骨の上には頭蓋骨、下には仙骨(骨盤)で支えられています。これらの骨と骨の間の一つ一つにあるクッションを椎間板といいます。

椎間板は非常に強固で人間の身体活動の衝撃吸収を担っています。分かりやすく言うとショックアブソーバの様な役割を持ちます。もし椎間板が無ければ歩くことも座ることも立つことも、バランスも姿勢も保てません。

椎間板の構造は外側と内側に分かれ非常に強い外側の線維輪、内側にはゼリー状の髄核で構成されます。強固な部分と柔軟性を兼ね備えた素晴らしいクッションです。この構造によって形を変えてバランスを保つことが可能になる訳です。椎間板の変性により内側の髄核が逸脱し近くの神経を刺激して痛みや痺れなどの症状が現れることを椎間板ヘルニアと呼びます。

 

こんな症状でお悩みの方がご来院頂いております

椎間板ヘルニア、脊柱間狭窄症、椎間孔狭窄症、すべり症、骨盤の捻挫、ギックリ腰などは、いったん症状が消えても、繰り返すことが多く、慢性化しやすい病気でお悩みの方がご来院頂いております。

なかなか治らなかった症状が、
すっかり完治したという口コミで、
遠方からも泊まり込みで通院される患者さんもいらっしゃいます。

ヘルニアの具体的な症状は?

ヘルニアと聞いて連想されるのは腰(腰椎椎間板ヘルニア)ですが、首も背中にもヘルニアは起こります。

☑頚椎椎間板ヘルニア(首のヘルニア)の場合 首の痛み、腕や手のしびれ、筋力低下、神経に沿った痛み、だるさなどがあります。朝起きるとしびれているなどの症状は特に要注意です。手に力が入らない、すぐに物を落とす、下を向くとしびれや痛みが現れるのも症状の一つです。

☑胸椎椎間板ヘルニア(背中のヘルニア)の場合 非常に稀ではありますが、ゴルフなどの一方向へ繰り返しの回旋運動や外傷により発症することがあります。背中の痛み、肋骨周辺の痛みやしびれ、身体を捻る、前屈後屈でも痛みが現れます。

☑腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)の場合 腰の痛み、臀部の痛みやしびれ、下肢の痛み(坐骨神経痛)、鈍痛、しびれ前屈動作(中腰)によるしびれの増幅、朝起きる時にしばらく痛くて動けない、足に力が入らない、足首を持ち上げられない、すぐにつまずくなどの症状が現れます。

なぜ椎間板ヘルニアになるのか?

その原因は大きく4つに分けられます。

1 椎間板の加齢(老化)
2 椎間板の強度(遺伝的な強さ)
3 姿勢や動作(繰り返し)
4 外傷性(ケガ)

4は怪我によるものなので除外しますが、1から3は予防することができます。老化、遺伝、繰り返しの動作により皆様が必ずヘルニアを発症するわけではありません。ヘルニアを発症させる重要な原因は存在します。

それは「歪み」です。

いくら歳を重ねようが
いくら遺伝的に弱かろうが
いくら同じ姿勢や繰り返しの動作をしようが

「歪み」の少ない人はヘルニアを発症しません。椎間板というクッションは歪みにとても弱いのです。

ではなぜ歪むのか?
答えは内臓の状態に原因があります。

ということは、内臓を健康な状態にキープできれば歪みも少なくヘルニアを予防できるのです。
ヘルニアを予防するには身体を健康に保つことが一番の予防と言えます。では、ヘルニアを発症して苦しんでいる方はどうしたら良いのでしょうか?

答えは、当院で内臓の施術を受けてみてください。必ず変化を感じていただけます。

長年のヘルニアも諦める必要はありません。あなたのヘルニアには必ず原因があります。その原因を取り除く施術により、痛みやしびれのない快適で健康なライフワークを目指しましょう。

よくある質問

予約は必要ですか?
はい。必要です。
お電話にてお問い合わせ下さい。
インターネット予約も可能です。

TEL 0565-31-3001
ネット予約はこちらから
治療時間はどのぐらいかかりますか?
約30分から1時間になります。
筋トレは必要ですか?
筋トレよりも必要なトレーニングがあります。
椎間板には栄養を送る血管がありません。では、どのように栄養補給や代謝をしているのでしょう?
椎間板にはスポンジのような性質が備わっています。就寝時に椎間板はまわりの水分(栄養)を吸収、そして活動時に古くなった水分(ゴミ)を排泄します。このように椎間板は代謝をして構造を保っています。
椎間板ヘルニアの方はスポンジの機能が歪みにより弱っているので、適切なトレーニングが必要になるのです。椎間板のトレーニングには、適切な知識と方法がありますので、施術後に指導させていただきます。
手術を進められていますがどうしたら良いのでしょうか?
専門医の治療計画に従ってください。
専門医の方に手術を進められた椎間板ヘルニアは保存療法では厳しい場合が多いです。どうしても手術を避けたい方は当院にご相談ください。

当院のヘルニア施術は原因である歪みを矯正し、椎間板にかかるストレスを軽減します。そして歪みの少ない状態で椎間板のトレーニングを指導し、ご自身で行っていただきますので、安心安全でヘルニア患者様から喜ばれています。
どんな施術をするのですか?
ヘルニアの原因を施術しますので患者様ごとに施術が変わります。
ヘルニアの発症原因は「歪み」であると上記しましたが、その「歪み」の原因の多くは内臓にあります。内臓を施術することにより「歪み」が整い、ヘルニアにならなくても済む身体づくりが目的となります。
原因が内臓だけとは限りません、例えば過去におきた古傷による身体の「歪み」からくるヘルニアも存在します。その場合は足首の施術が必要になります。どんな施術になるかはヘルニアの原因によって変わります。
ヘルニアは治りますか?
画像診断では変化はありません。
実際に当院の施術を受けられて足のしびれや痛み、腰の痛みなどの症状が改善された方でも再度MRIなどの画像診断ではヘルニアの所見があります。症状の無いヘルニアといってもおかしくない状態になります。
多くのヘルニア患者様を施術してきた私の見解ですが、画像上でヘルニアの存在が確認できても「歪み」が整えば神経を圧迫するような状態からは回避できていると思われます。

最後にヘルニアでお悩みの方へ

ご自身だけで悩まないでください。必ず道は存在します。諦める前に当院へご相談くださいね。