Blog

2018年12月10日 月曜日

冷え症と隠れ冷え症

こんにちは。
副院長の石川です。

最近、朝晩が冷えて手足の冷えにお困りの方が、
増えてきた頃かと思います。

実は、私は去年初めて冷え症に
なりました。


普段だと動いていれば、
手、足先はポカポカするはずが、
ある日を境に冷たいままに。

まさか、自分が!?
と、思っていましたが、
しっかりした原因が有りました。

私、石川の実体験も含めて
お話させていただきます。


意外に多い隠れ冷え症

冷え症と聞くと、
このような症状がある方が該当しますよね。

(症状)
☑手足の先が冷える
☑体が冷たくて寝れない(特に下半身)
☑冷たいのを通り越して痛い
☑靴下を履いて寝る
☑顔や手足がむくみやすい

このような症状が出て自覚がある方は、
色々と試したり、対策をされています。

しかし、多くの患者様を診させていただいた感想として、
冷え症を自覚されていない、
隠れ冷え症の方が、
多いことが分かりました。

(隠れ冷え症の症状や行動)
☑コーヒーを1日5杯以上飲む
☑手足先は温かいが、お腹が冷たい
☑いろいろとストレスを感じやすい
☑ 平熱が36度未満
☑寝不足、眠りが浅い
肩こりや月経痛がある
太りやすい

このような項目に、
当てはまる方でも、
「冷え症は、ありますか?」
 聞くと、
「いいえ。」
の返答がきます。

恥ずかしながら石川は、
「いいえ。
 違います。」
と、自覚していませんでした。

しかも、
1番の原因は、

☑コーヒーを1日5杯以上飲む

でした。
好きすぎて、
水よりコーヒーの量が上回ってました。

ある時、手が冷たいと言われ、
初めて冷え症なんだと気付きました。

本当に恥ずかしい限りです。

そして、原因は、
他にもありました。


冷え症の原因は、総合的に起こる!!

冷え症とは、
体からのサインです。

冷たい、痛い、シビレなど、
体の内側のどこか機能が低くなっていることで、
起こります。

しかも原因は、
1つではありません!!
色々な事が重なって起こります。

(主な原因)
・自律神経
・甲状腺
・栄養素
・ストレス
・飲み物
・睡眠不足 etc

このように様々な事が原因となります。

石川の場合は、
飲み物(水少なめ、コーヒー多め)、睡眠不足、少々のストレスが、
主な原因でした。

それにより、

・体のエネルギー不足により、熱が作りづらい。
・血流が下がりやすくなる。
・体の水分調節が崩れやすくなる。

と、いった事が体に起き冷え症となります。

栄養素や飲み物、睡眠不足は、
ご自分で改善できます。

しかし自律神経や甲状腺、ストレスは、
なかなか難しいですよね?

そこは、当院にお任せください!!


当院の施術で可能なこと!!

(基礎代謝アップ)
内臓の矯正をすることで、
本来の内臓の代謝(働き)がもどり、
栄養素を吸収しやすくなります。

そして、栄養素がエネルギーとなり熱を、
作りやすくします。

(ホルモンバランスの安定)
頭蓋(頭の骨)の矯正をすることで、
自律神経(頭からの命令)が安定しやすくなり、
内臓などが正常に働きやすくします。

(ストレスフリー)
ストレスは、自律神経や内臓の代謝に、
悪影響をもたらします。

ストレスをフリーにし、
体の機能が健康に働きやすい環境を作ります。

(日常生活の指導)
石川が冷え症になってしまった、
主な原因は、日常生活にありました。

水分や栄養素、睡眠など、
問診や施術させていただいている中で、
改善提案をさせていただきます。


これからより寒さが増して、
辛い思いをされる方も増えることでしょう。

是非、当院にご相談ください。

最後までお付き合いありがとうございました。

投稿者 まさき接骨院 | 記事URL

2018年12月 6日 木曜日

花粉症について

秋が終わり、冬が近づいてきた頃から花粉症に悩んでる方がいるのではないでしょうか?
最近は時期を問わず、
春だけでなく秋にも冬にも花粉症が流行ってますよね。
中には年中花粉症という人もいると思います。

今回は花粉症をいかに克服するか書いてきますね。


みなさん花粉症の対策といえば
☑マスク
☑メガネ
☑点鼻薬
☑花粉症の薬
などではないでしょうか?

私も花粉症がひどく毎年色々と試していたんですが、
今回お話する体質改善をするまでは
花粉症を克服する決定的なものがなかったです。


花粉症対策には大きく分けて3つの種類があります。
☑マスクなどの体内に花粉が入るのを防ぐ方法
☑体質を改善してアレルギーが起きにくくする方法
☑市販薬や病院の薬などで対処する方法
などがあります。

この中では体質を改善して毎年悩まなくて済むようにするのが
だれもが望む方法だとおもいます。
体質から花粉症を克服すれば、毎年花粉症に悩まずに済みますもんね。

そもそも花粉症とは
スギやヒノキ、イネ、ブタクサなどの花粉が原因になって
くしゃみ、鼻詰まり、鼻水、目のかゆみ、咳などのアレルギー症状を起こすのです。
季節性のアレルギー性鼻炎とも言われ、
昔に比べ花粉症の患者は増えてると言われいます。
最近は大人だけでなく、
子供の花粉症も増えていると言われています。

これらの症状以外にも鼻詰まりで口呼吸になったり
ひどい人は頭痛やだるさ、夜寝れないなんて人もいますよね。

これらの花粉症の症状が良くなれば
☑睡眠の質の向上
☑イライラ感の軽減
など心理的にも楽になり
身体への負担を大きく減らすことが可能だと思います。


花粉症のメカニズムは?

本来人体に無害な花粉に体内の免疫機能が過敏に反応して花粉を体外に排除しようとして
くしゃみ、鼻詰まり、鼻水、目のかゆみなどを引き起こすアレルギー症状です。

そのため、花粉の量を0にすることはできません。
花粉症を克服するには、体内の侵入を防ぐために粘膜を強くし、
過剰に免疫機能が働くのを防がなくてはいけません。
そのために自律神経を整える整体と食事が大事になります。

まさき花粉症整体では
内臓矯正やクラニアル矯正で乱れた自律神経を整え、免疫機能が過剰に反応しにくくなるように改善していきます。


花粉症で整体?

整体をするメリット
骨格や内蔵の位置が整うことにより
内蔵の不調の改善にも期待できるので
アレルギー症状に負けない身体作りができます。


そして体質を改善していくには
食事も特に重要となります。
栄養バランスが悪いと
鼻の粘膜、目の粘膜が強くならず花粉に影響されやすくなってしまいます。

特に粘膜を強くするために食事で大事となる栄養素は
粘膜を構成するビタミンAや
抗炎症作用のあるビタミンC、ビタミンE
などのビタミンが必要だと言われています。
花粉症対策にはビタミンが必要不可欠です。

さらにミネラルや充分な水分、いい塩分なども重要です。
ヨーグルトも腸内環境を良くし免疫機能を整えると言われていますね。

インスタント食品や加工食品をよく利用する人は
こういった栄養素も不足しがちです。

そもそも粘膜が形成されるには最低3カ月はかかります。
そのため施術は遅くても3カ月前から必要となります。


最近は花粉症やアレルギー体質の人が増えいます。
それらを克服するにはもっと身体を健康にしなくてはいけないとおもいます。
そのサポートになるよう、
施術、日常の注意点、栄養の話など協力していきます。

投稿者 まさき接骨院 | 記事URL

2018年11月20日 火曜日

顎関節症について

こんな悩みはありませんか?


☑あごが痛くて口が大きく開けれない

☑口を開けるとポキポキとなる

☑食事の時顎が痛む


このような症状の方は顎関節症の可能性があります。



当院ではあごの痛みや歪み(ゆがみ)を気にされてる患者様が多いため、顎関節症のしくみなどについてお伝えしていきます。



顎関節症の代表的な症状


関節雑音:口を開けたり閉めたりすると音がする(関節雑音)

開口障害:口が開けにくい(開口障害)

関節痛・筋肉痛:口を開けたり閉めたりした時に痛みがでる(関節痛、筋肉痛)

などが代表的です。

特に女性に多いことも特徴です。


顎関節症とは下記のような状態です。


あごの筋肉が硬くなり動きが悪くなることで関節や関節円板に負担がかかってしまい、あごの動きが左や右にズレ、口を開けた時に痛みが出たり、音がなったりするのです。



顎関節症の主な原因


☑悪い歯並び、噛み合わせ

☑歯ぎしり

☑くいしばり

☑ストレス

身体の歪みなどがあります。



これらの原因によってあごを動かす筋肉に力の差や硬さがでて顎関節症のような症状がでるのです。


実はあごの歪みの原因は身体の歪みにもあります。



あごの筋肉はあご以外にも首にも付着し、

鎖骨や頭蓋骨にも付着します。


そのため首や肩に歪みがあるとあごに負担が

かかる原因にもなるのです。


あごの歪みは顔の歪みにもなります。


さらに骨盤の歪みにも深く関係しています。



アプライアンス療法で用いられるマウスピースを使用していてもなかなか症状が改善されないという方はくいしばりや歯ぎしり、身体の歪みが原因になっている可能性があります。


当院ではあご周辺だけでなくあごに負担をかける原因となるところを施術しています。

あごの矯正と頭蓋骨の矯正、身体全体にもアプローチしています。





施術の流れ


1.問診票記入


問診票は今のお悩みを記入して頂きます。

その他、気になっていることや過去のご病気のこと、

現在飲んでいるお薬のことをお聞きします。

記載頂いた問診票の中に、あごの歪みの原因となるヒントがあります。


2.カウンセリング


カウンセリングの際に、まずは患者様のお悩みをお聞きして、ご納得を頂いた上で施術へと進みます。

カウンセリングの時には簡単な身体の動作確認(首の動き、腕を上げるなど)をし、現在の身体の状態を診させていただきます。


3.オーダーメイド施術


患者様に最適な施術で1日でも早くお悩みから解放されるように努めます。

お悩みによっては、人に聞かれたくない事もあるかと思いますので個室もご用意してあります。

根本の原因を見つけ、施術し早く改善するよう施術プランを組み立てます。


4.アドバイス等


硬い食品や長時間の咀嚼は避けた方が良いです。

頬杖をやめることや猫背などの姿勢をよくする事も大事です。

患者様個人に合わせたアドバイスを行いますので、気になることはお気軽にお聞き下さい。


顎関節症を治療をしないとどうなるの?

顎の異常な動きが続くとどんどん悪くなっていく場合があります。特に顎関節を構成する関節円盤や骨が変形してしまう可能性があります。変形してしまった骨は元には戻りません。

さらに、顎関節症は顎の動きに異常が出るだけでなく、頭痛や肩こり、人によっては首や背中の痛み、耳鳴りなどの症状がでる人もいます。

できる限り早めにご相談頂くことが重症化しないことに繋がります。


よくある質問


Q.施術はバキバキしたりして痛くありませんか?

A.頭蓋骨の矯正、あごの矯正はソフトな手技で施術しますので、あごに負担をかけるようなバキバキした施術はありません。


Q.どのくらい通院が必要ですか?

A.症状が出てからの期間や程度によりますが、週1~2回の通院で改善される方が多いです。あごの施術は日常生活での負担を減らすことで早く改善しやすいです。

投稿者 まさき接骨院 | 記事URL

2018年11月13日 火曜日

自律神経とは?

こんにちは、副院長の石川です。

「自律神経」と、聞かれたらどんなイメージをされますか?

☑頭からの命令?
☑乱れると怖いもの?
☑整えると良いことがある?
☑睡眠と関係している?
☑ストレスが多いと危ない?
☑ホルモンバランスと関係してるもの?


などと耳にすることもあり、何となくイメージはつきますか?

しかし、「自律神経が何をするのか教えてください。」と言われると、
なかなか説明しにくいものですよね。

自律神経の大まかな役割は、テレビやインターネット、本などで
健康と自律神経に関係があることが広く知られてきました。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

この記事では、各々の働きの違いやストレスによって影響されるものや、
自律神経のバランスの乱れが、倦怠感、冷え、頭痛、胃痛、不眠、うつ、免疫力低下などの不調や、
PMS(月経前症候群)や更年期の不快な症状の原因になる理由をお話させていただきます。

そして自律神経のバランスを整えて、健康に暮らしましょう!!

自律神経とは?

神経とは体の各部にある組織と脳をつなげるネットワークのことです。
さまざまな指令や情報がこのネットワークを通じて行き来することで、
体の正常な働きが保たれています。

私達の神経は、脳や脊髄にある中枢神経と
全身にある末梢神経の2つに大きく分けられます。

多くの内臓の働きに関わる自律神経は、
私達がどれだけ頑張っても自由にコントロールすることはできません。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、バランスをとりながら働いています。




画像出典:https://healthcare.kao.com/main_post/autonomicnerveskiso/


自律神経の中枢は脳の視床下部という場所にあります。

自律神経は多くの内臓の働きを調節しており、実に数多くの内臓に関わる重要な神経で、
心臓、肺、胃腸、肝臓、腎臓、膀胱、血管などに分布しています。

交感神経と副交感神経は、体の内外の状況や部位に応じて
働け(興奮)や休め(リラックス)の役目が交代して働きます。
例えば、仕事をしたり緊張したりするときは交感神経が、休んだりリラックスしたりするときは副交感神経が活発になっていると理解できます。


ストレスは自律神経、特に交感神経に影響します。

何をストレスと感じるかは、個人差があります。
また、対人関係や、温度や音、においといった刺激を不快に感じる場合でもストレスとなります。
このようなストレスは脳で感知され、自律神経や内分泌機能などに影響を与えることで、
体調に変化が現れたり、睡眠や感情に影響します。

ストレスを受けると、身体の中では?
ストレスを受けると脳からの命令で、
副腎から副腎皮質ホルモン(ストレス緩和ホルモン)が分泌されます。
同時に、交感神経が支配している副腎からアドレナリンなどのホルモンも分泌されます。

これらのホルモンには、
☑血糖値上昇
☑血圧上昇
☑免疫抑制
☑胃酸分泌促進
☑覚醒
といったさまざまな作用があります。

そのため、ストレスを受け交感神経が優位になり続けると、
不調やトラブルにつながりやすくなります。

さらにストレスを受け続けたときに実感しやすい体調変化として、
☑だるさ
☑倦怠感
☑冷え
☑肩こり
☑胃腸の不調(便秘、軟便)
などが挙げられます。

交感神経優位の生活はそのほかにも、
☑頭痛
☑不眠
☑うつ
☑免疫力低下
など、様々な不調を引き起こしたり悪化させたりする場合があります。
女性の場合は、PMS(月経前症候群)や更年期の不快な症状につながりやすくなります。


ストレス社会には、副交感神経を活発にする時間が必要!!

「リラックスするために副交感神経を優位にしましょう。」と、よく聞きますよね?

本来、交感神経と副交感神経はバランスをとりながら働くもの。

副交感神経だけが優位になり続けている状態は望ましくありません。

ほどよい緊張や運動といった適度なストレスにより交感神経を活発にすることも必要です。

心身のバランスを保つために避けたいのは、
不快な刺激や悩みによるストレスです。

しかし、
残業が多くいつも時間に追われている、
長時間のデスクワークで体を動かす機会が少ない、
職場や家庭での悩みが多いなど、
現代人の生活にはリラックスする時間が少なく、心身の疲れやストレスが溜まりやすいです。

思い当たる人は、副交感神経を優位にする時間を意識的に作ると良いでしょう。

さらに当院による内臓や頭蓋の矯正、ストレスをフリーにする施術を受けられると、
ホルモンバランスが取れやすくなります。

自分に合った方法で副交感神経を!!

心身の疲れがとれない、リラックスする時間が少ないと感じる人は、
多少のストレスを受けても健康に過ごせるように、
規則正しい生活習慣を身につけることが大切です。

重要なのは、食事(栄養素)や睡眠といった基本的な生活リズムを整えること。

ウォーキングなどの適度な運動でリフレッシュを兼ねた健康づくりも
取り入れていただくと良いですね。


何より早く解決する方法は、

早期のうちに自律神経が乱れている問題、原因を見つける。

そして問題、原因に対して施術をし
対応できる身体を作り、予防することです!!

少しでもお悩みがあれば
お一人で抱えず当院へご相談ください!!

投稿者 まさき接骨院 | 記事URL

2018年10月25日 木曜日

頭痛がお悩みなら!!

こんにちは、副院長の石川です。

さて、日本で頭痛持ちと言われている人数をご存知でしょうか?


な、な、なんと!?

3,000万人(4人に1人)が頭痛持ちと言われています!!

最近では、天候が悪くその度に頭痛でお悩みの方が多く来院されます。

中には、頭痛が起こると寝込んでしまうほど辛い方も・・・


そんなお悩みの方にご自分の頭痛が
どんな仕組みと原因で起こっているか
知りたくありませんか?

知ると、対処することが出来ますし
施術相談もしやすくなりますので
よろしければ、お付き合いください。


まずは、
こんな時はすぐ病院へ


このような症状が出た場合は、医師の診断を受けましょう。

・今までに経験したことのない頭痛
・意識が遠のく、手足がしびれる、発熱など頭痛以外の症状を伴う
・鎮痛剤が効かないような激しい頭痛
・頭痛がどんどんひどくなる
 
また、頭痛を伴う危険な病気には、

・クモ膜下(まくか)出血 :脳の血管の破裂で脳を取り囲むクモ膜下腔に出血が起こる。
・髄膜(ずいまく)炎 :脳の髄膜が細菌などに感染し、炎症を起こす。
・脳出血 :脳の血管が破れて血腫(けっしゅ)ができる。
・慢性硬膜下血腫 (こうまくかけっしゅ) :頭を強く打ったために出血が起こる。

心配のある方はまずは一度、当院よりも病院へ診察を受けに行きましょう。

緊急性がない頭痛と言っても、その原因は様々で、
それによって予防法や対処法が大きく異なるため、
一歩間違えればかえって痛みが悪化するなど、逆効果にもなりかねません。

まずは、ご自身がどの種類に当たるか見てください。



頭痛の種類

頭痛には、大きく分けて3種類あります。


緊張型頭痛

読んで字のごとく、首や肩からの筋肉の緊張などが原因で起こる頭痛です。

肩や首すじのこりとともに、頭が締め付けられるような痛み。

 毎日のようにおこる頭痛ですが、それほど強い痛みではなく、
仕事や日常生活ができなくなるようなことはまずありませんが、嫌な痛みです。

 精神的、肉体的、どちらのストレスも引き金となり多くの場合、
「頭に輪をはめてしめつけられるような」と表現される頭痛を起こします。



片頭痛

この頭痛は、頭の血管の広がりや縮みに関係して起こります。

頭の片側や両側がズキズキガンガン。

吐き気を伴うような頭痛が一定の期間をおいて繰り返します。

月に1~2回、多いときには週に2~3回発作的に強い頭痛が起こります。

脈打つような痛みで、体を動かすと痛みがひどくなり、悪心(おしん)・嘔吐をともなったり、
音や光に敏感になります。
※悪心:吐き気を催すことです。

20~40代の女性に極めて多く見られるのが特徴です。



郡発性頭痛

その人にとっての頭痛のスイッチがあり、入るととたんに痛みが出てきます。

脳圧のコントロール不足が原因です。

激しい痛みが片側の目の奥に起こります。
「目の奥をえぐられるような」
「柱に頭をぶつけたくなるような」と
形容されるような激しい痛みが、片側の目の奥に起こるのが特徴です。

涙が出て、目が充血し、鼻水がでるなどの症状を伴います。

多くの場合、年に1~2回、期間は1~2ヶ月、毎日のように激しい頭痛が繰り返し起こります。



いかがでしたか?

どれかに当てはまりましたか?

どれにも当てはまらなかった方は、ご相談ください。




原因が分かったら?

頭痛の原因が分かったら、次は原因がなぜ歪んだり、
コントロールが崩れてしまったのかを調べます。


緊張性頭痛

首や肩の筋肉の緊張は、骨盤や背骨の歪みから起きることが多くあります。

他のことが原因で緊張が起こることもありますが、
原因を突き止めて施術で改善をし、
緊張が必要でない状態にします。

片頭痛

頭の血管の広がりや縮みに関連しているので、
どこの部分で頭痛が起こっているのか突き止めます。

頭蓋(頭の骨)のバランスやその他の関連している場所を施術し改善します。



郡発性頭痛

脳圧のコントロール不足が関係しています。

・生理
・寝不足
・天候
・お酒
・感情など

様々なことがキッカケで頭痛が起こります。

キッカケを見つけ、施術し自律神経を整えコントロールができるようにします。



各頭痛でもさらに原因となるものがあります。

その部分が見つかると施術によって改善することが出来ます。

いつも我慢されている方、
諦める必要はありません!!

是非、一度ご相談ください。

投稿者 まさき接骨院 | 記事URL

カレンダー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28